虎斑霧島なるものが・・・

黒霧島・白霧島・赤霧島・茜霧島・虎斑霧島
黒霧島・白霧島・赤霧島・茜霧島・虎斑霧島

たまたま見かけて先日買ったのですが
霧島酒造さんから虎斑霧島なるものが発売されていまして。

裏のラベルを読んでみると

がるっと ふわっと 虎斑霧島
悠久の自然が生み出した造形美「虎斑」模様の美しさを
味わいに。がるっとしたキレのあるナチュラルな苦みと、
ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴。日本茶の
ように苦みが甘みを引き立て、なめらかに絡み合う旨さは
格別です。すっきりしたクリアな後味の本格芋焼酎を
ご堪能ください。

黎明期に黄麹とルーツの黒麹
本格焼酎の黎明期に使われた「黄麹」と、霧島酒造創
業者の江夏吉助が究めたルーツの「黒麹」により、
霧島酒造独自の三段仕込みで丹念に醸された虎斑
霧島。伝統の技と最新の研究を融合して造り上げた
本格焼酎が、歴史に新たな息吹を吹き込みます。

だそうです。

ツッコミどころが旺盛ですが
「がるっと」って何でしょう?例えが斬新すぎてまったく伝わってきません^^

虎斑霧島

清酒の製造に用いられている「黄麹」、霧島酒造創業者の江夏吉助が極めたルーツの「黒麹」。虎斑霧島はこの「黄麹」と「黒麹」の奇跡のコラボレーションにより誕生しました。
がるっとしたキレのあるナチュラルな苦みに、ふわっと広がる華やかな香りと甘みが特徴。まるで日本茶のように、苦みが甘みを引き立たせ、複雑ながらもなめらかに絡み合う旨さは格別です。

余談ですが、黄麹は日本酒などに使われる麹で吟醸香などと同じように
マスカットのような感じの香りになりやすい麹ですね。

焼酎ですと、富乃宝山とか海、などが有名です。
魔王も黄麹と言われてはいますが
蔵が公開をしていないので、100%黄麹か判りません。